Blackwing | お知らせ
11
archive,category,category-news,category-11,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1300,footer_responsive_adv,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-16.7,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

ブラックウィング10 Blackwing 10の発売日が決まりました。7月18日(木)より発売を開始いたします。 「A Tribute to Investigative Journalism」というタイトルが示す通り、今作は真実を報道し続け市民の代弁者であったネリー・ブライへ、また同様に彼女のような調査報道記者へ贈る賛辞を表したモデルです。 新聞紙のようなマットグレイの木軸にダークグレイでロゴを刻印し、シルバーの金具にはダークグレイの消しゴムを合わせました。この鉛筆に使用したエクストラファームの芯は、レポートパッドへ素早くメモを取るにも、新聞のクロスワードパズルを完成させるにも最適な硬度です。モデルナンバーの10は、数多の人々に衝撃を与えた調査報道記事のためにブライ女史が費やした 10 日間にちなみます。 数に限りがございますのでお早めに! 製品動画...

ブラックウィングナチュラル ブラックウィングの製品ラインナップに“ブラックウィングナチュラル”が追加されました。インセンスシーダーの木目をそのまま活かしたシンプルなデザインながらも、その凛とした佇まいはブラックウィングパールに続く、第4の定番品に相応しい仕上がりです。 製品ページ...

ブラックウィング811 Blackwing 811を4月9日(火)に発売いたしました。「Library of the Hope」というタイトルが示す通り、今作は図書館とそこに象徴される希望に対する賛辞を表したモデルです。 エメラルドグリーンのグラデーションと金色の金具は、世界中の図書館でホールを照らす独特な緑のランプにインスパイアされた組み合わせ。特殊なトップコートで仕上げたこの鉛筆は暗闇の中で燐光を放ち、文字通り光となります。モデルナンバーの811 は、図書分類法のひとつであるデューイ十進分類法におけるセクションのひとつを指した数字で、そこにはマヤ・アンジェロウを含む多くの偉大な作家の著作が収録されています。 数に限りがございますのでお早めに! 製品動画...

アメリカンカルチャーを追求する雑誌『LIGHTNING』5月号にブラックウィングが掲載されました(P15 & P379)。 15ページのEditor’s Pickは本雑誌の中でも一二を争う人気コーナー。モヒカン小川さんが”いつもの語り口調”でブラックウィングを紹介しています。 LIGHTNING 5月号 Editor's Pick...

Attractions(アトラクションズ) ミッドセンチュリー以前のモーターサイクルウエア、ワークウエア、スポーツウエアからインスパイアされたプロダクトを展開する、アトラクションズにてブラックウィングの取扱いがスタートしました。 ぜひ原宿界隈にお越しの際はアトラクションズへお立ち寄りください。...

銀座・伊東屋 お待たせいたしました。銀座・伊東屋(一部店舗)にてブラックウィングの取扱いが再スタートしました。 本店(K. Itoya)では限定品鉛筆(Volumes)も販売中です! 銀座、渋谷、横浜元町へお越しの際はぜひ銀座・伊東屋へお立ち寄りください。...

ブラックウィング602 スレートジャーナル ブラックウイングのスレートジャーナルに602 モデルが登場しました。 不朽の鉛筆、ブラックウィング602 に合わせたチャコールグレーのカラーリング。表紙は耐 摩耗性、キャンバス地の背表紙は両面縫製仕上げのタフなノートです。書き心地の良い上質紙 100g/m2 を贅沢に使用したシンプルなデザインで、どんなシーンやスタイルに合わせても お使いいただけます。 こだわりのスレートジャーナルは特別なプレゼントにもぴったりです。 横罫、無地、ドット罫の3 タイプから選べます。...

Delfonics・Smith デルフォニックス及びスミス(一部店舗)にてブラックウィングの取扱いがスタートしました。ステーショナリーディレクター・土橋正氏のセレクトしたアイテムとして、特設サイト「考える」ための文具ストア内でも紹介していただいております。この機会をぜひお見逃しなく!...

ブラックウィング4 Blackwing 4を1月7日(月)に発売いたしました。「Tribute to Mars and Rober Mission」というタイトルが示す通り、今作は火星と2020 年のローバーミッションへの賛辞を表したモデルです。 火星の地表から着想を得た錆色の木軸と砂状のテクスチャーに、砂丘を想起させるブロンズの金具。このカラーの金具がブラックウィングに使われるのは初めてです。クリーム色の箔押しと消しゴムをあしらい、ブラックウィングの柔らかい芯を組み合わせました。 数に限りがございますのでお早めに!...