BLACKWING 200 ブラックウィング 200 | Blackwing
4005
post-template-default,single,single-post,postid-4005,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1300,footer_responsive_adv,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-16.7,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

Blackwing 200 ブラックウィング 200

BLACKWING PENCIL 200


ブラックウィング ペンシル 200

The Blackwing 200 is a tribute to coffeehouses like Caffè Lena and the creative culture they help cultivate.

1948年、戦後の先行きの見えない状況にあったアメリカで、ビート・ジェネレーションは生まれました。反物質主義と、人間性の探求が根底にあったこの文学運動で、人々はニューヨークやサンフランシスコのコーヒーハウスに集まり、1杯のブラックコーヒーをお供に詩の朗読を行いました。1950年代から60年代、コーヒーハウスは創造と主知主義の代名詞となりました。作家、アーティスト、ミュージシャン、詩人がコーヒーハウスに集まりアイデアを交換し、創造し、演奏したのです。

そんなコーヒーハウスの一つが、ニューヨーク州サラトガスプリングスにあるCaffè Lena(カフェリナ)です。
1960年に開業したCaffè Lenaはアメリカで最も長く営業を続けるコーヒーハウスの一つであり、1961年にデビュー前のボブ・ディランに演奏の舞台を提供したことを始め、今日に至るまで新たな創造の生まれる舞台としてドアを開き続けています。

BLACKWING 200は古き良きコーヒーハウスとコーヒーハウスから生まれた文化への賛辞です。

木軸とフェルールのメタリックな銅色は、1950~60年代に多くのコーヒーハウスで見られたクラシックな銅製の焙煎機に着想を得ています。モデル名の数字200は、コーヒーベリーを焙煎機で熱した際、コーヒーベリー内部の温度が200℃に達すると焙煎のプロセスが始まり、私達が良く知るコーヒー豆の姿に生まれ変わることに因みます。

芯の硬さは、近所のコーヒーハウスでインスピレーションをメモするのに適したファーム芯を採用しました。

 

Slider

BLACKWING PENCIL 200

ブラックウィング ペンシル 200


商品コード 106785

商品仕様
・木軸の色:銅色(copper)
・硬度:ファーム
・フェルール(金具):銅色(copper)
・消しゴム:ブラック

単価(税込) ¥6,600

個装入数(個/本) 1ダース(12本)

個装寸法(mm) 209×43×43

個装重量(g) 151

製造国 日本

2022年7月13日(水)出荷開始

 

 

 

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.